【宿泊体験記】ザ・リッツカールトン沖縄/The Ritz-Carlton Okinawa(2020年11月29日~12月3日)◆③ホテル滞在時のLUNCH&DINNER

こんにちは、2020年は日本あちこちトラベラーのマーカー(@IDmarker)です。

先月から今月にかけて、沖縄県名護市の「ザ・リッツカールトン沖縄」に宿泊してきましたので、そのことについて書き込みしていきます

今回の旅行にあたっては感染防止のため、密を避けること、マスクの着用及び手洗いやアルコールでの除菌を徹底しております。

なお、前回までの内容は下記のとおりです。

ザ・リッツ・カールトン沖縄

LUNCH

沖縄そば

麵処 てぃあんだー

ホテルにチェックインする前に行ってきました。

那覇市の天久新都心にあるショッピングセンター「りうぼう楽市」の裏手にあるお店です。駐車場がなかったので、「りうぼう楽市」の駐車場に停めて買い物がてら行ってみました。

外観は今風なきれいなビルですが店内に入ると、なんとなく昭和レトロっぽい雰囲気です。

ふーちばーそーきそば(大)」をオーダーしました。

「ふーちーばー」とはヨモギのこと。沖縄そばの麺の中に県産ヨモギを練り込んだ緑色鮮やかな香りある麺の「ふーちーばーそば」に、別皿で本ソーキが付いてきます。

麺は太麺(平打ち麺)または細麺(宮古・八重山の丸麺)から選ぶようなので、太麺に。

こだわりの自家製麺で、数種類の無漂白の小麦をブレンドしたコシのある麺とのこと。

オーダーした「ふーちばーそーきそば(大)」が着丼。三枚肉とヨモギ、それから細切りの生姜が乗っています。本ソーキが別皿で。

ヨモギが練り込まれた「ふーちばーそーきそば」は、つるんとした口当たり。確かにヨモギの風味が感じられます。かといってクセがありすぎるわけでもなく、ほどよい感じ。

味替えで自家製とうがらし「こーれーぐーす」をちょんちょん。ピリリと舌に辛さが加わりスープの味に深みが。他にも香辛料でにんにくととうがらしの2種類を漬け込んだ物もありました。

個性的な店と麺が印象的でした。また来たいと思います。

ごちそうさまでした。

所在地:沖縄県那覇市天久1丁目6−10
電 話:098-861-1152
営業時間:11時~16時
定休日:月曜日

麺処 てぃあんだー

沖縄伝統麺づくり むかしむかし

お店は1991年、名護市の呉我(ごが)に開店した沖縄そば屋「やんばる船」が前身で、2010年、現在の名護市中山への移転をきっかけに「むかしむかし」と店名を改め、再スタートしたそうです。

裏山の草木を切り出し燃やして作った「天然かん水」で小麦粉をこねて作る、古くからの製法の自家製「木灰(もっかい)麺」が特徴。

木灰麺を使った沖縄そばは以前も食べたことがあります。

基本理念として(“地産地消”どころか)“自産自消”を実践とのこと。麺はもちろん、使用されている食材のほとんどは裏の畑で収穫されたばかりのフレッシュな野菜や山菜だそうです。

また店内には、手作りの様々なオリジナルやちむんの数々も展示・販売。

見ているだけで楽しくなります。

自家製「島野菜そば」をオーダー。季節の島野菜を店の裏の畑で朝取りしているとのこと。

そのため野菜の種類は季節ごとに変わるそうです。

「島野菜そば」が着丼。全て裏庭で収穫された、新鮮野菜ドーンと盛りつけています。

季節野菜の他に、コンブ、かまぼこ、さらに三枚肉とソーキが盛り付けられバランスよさそう。

スープを啜ると、コクの効いた味わい深い豚骨ベースにカツオの風味がしっかり反映、

クッキリと引き締まった美味しさが際立ち、木灰の香りがする自家製麺との相性バッチリです。

JALのクーポンブック「ちゅらナビ」を見せるとコーヒーor手作りデザートが付くとのことで、手作りデザートをいただくことに。

“自産自消”の味わいが印象的なお店でした。

ごちそうさまでした。

所在地:沖縄県名護市中山694−1
電 話:0980-54-4605
営業時間:11時30分~18時(売り切れ次第終了)
定休日:第2・4木曜日

むかしむかし

金月(きんちち)そば 恩納店

恩納村字名嘉真、国道58号沿いにある沖縄そば屋さん。読谷村にある大人気店の2号店だそうです。

麺は沖縄県産100%使用した「地粉麺」で歯ごたえが良く、もっちりとした食感の特注生麺が特徴。ダシやスープ・具材にいたるまで、手作り・自家製とのこと。

駐車場は建物の裏にあります。

店内は和風で、とてもセンスのいいシャレた感じ。自動券売機で食券を購入します。

基本は「沖縄つけそば」と「沖縄そば」の2種類がメインのようです。
「沖縄つけそば(大)」をぽちっと。

店内はテーブル席と小上がり席。

「沖縄つけそば(大)」が着丼。ツヤツヤした「麺」に、三枚肉、味玉とチンゲン菜。
「つけダレ」は豚骨と鶏だしのミックスらしく、濃厚魚介系豚骨スープのつけ麺です。

スープ割りも薦められ、いただいた鰹出汁の沖縄そばスープで割ると更に濃厚な味わいに。

ごちそうさまでした。

所在地:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真8−3
電 話:0989-67-8492
営業時間:11時~16時
定休日:月曜日

金月そば

hale'aina HOA(ハレアイナ・ホア)

恩納村・伊武部ビーチバス停の目の前にあるお店で、昨年オープンした「ハレクラニ沖縄」の近くにあります。

首都圏を中心に店舗展開する株式会社U-MORE(東京都・渋谷区)が運営しているお店とのこと。

手軽にテイクアウトも頼めそうです。

「HIBACHIグリルバーガーwithパイナップル」のドリンクセットを注文。まずドリンクのマンゴージュースが到着。海が近いとのことですがあまり見えません。

「HIBACHIグリルバーガーwithパイナップル」が到着。

たまねぎとパイナップルが意外と合ったりします。食後はさっぱりと。

地域クーポンも消化できました。

ごちそうさまでした。

所在地:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2159−1
電 話:03-6426-0667
営業時間:9時~21時
定休日:なし

hale'aina HOA

DINNER

美ら花

ホテル滞在の1日目の夕食はホテルのレストランだったので、翌日は肩の凝らない居酒屋に。

ホテルで手配してくれたお店の送迎サービスを利用して、「美ら花」さんにお邪魔しました。

木のぬくもりが感じられる雰囲気のお店です。

お通し。

お造り5点盛。

人参しりしり。玉子と合わさって甘みが後を引きます。

ゴーヤー天ぷら。衣と一緒に食べると苦さが中和されていい感じに。

軟骨ソーキの唐揚げ。軟骨ソーキをサクッと揚げてあります。

ミヌダル。豚肉の黒ゴマペースト包み蒸し揚げです。黒ゴマの濃厚な味と豚肉が絶妙な感じ。

おいしい料理とお酒でおなかいっぱいです。

食事が終わり地域クーポンを利用して生産を済ませると、行きと同じドライバーさんにホテルまで送ってもらいました。送迎はブセナテラスやマリオット、リッツカールトンのお客様が多いとのこと。

ごちそうさまでした。

所在地:沖縄県名護市幸喜111−1
電 話:0980-53-0331
営業時間:11時~15時30分 17時~22時
定休日:なし

美ら花

STEAK HOUSE NAKAMA

沖縄と言えばステーキ。「STEAK HOUSE NAKAMA」におじゃまします。

ホテルの送迎ワゴンをお願いしてお店まで送ってもらいました。

ポツポツと小雨が降ってきたのでホテルの傘を貸し出してくれます。

お店は、昨年オープンした「ハレクラニ沖縄」の近くにあり、昼食で訪問した「hale'aina HOA(ハレアイナ・ホア)」のはす向かい。運営も同じ株式会社U-MORE(東京都・渋谷区)とのこと。

1ポンド厚切り牛肉のステーキや沖縄県産の黒毛和牛、あぐー豚まで堪能できるアメリカンな気分満点のステーキハウスというのが特徴。

店内は、まさにアメリカンな明るい雰囲気で煌びやかな琉球ガラスの照明が印象的。

ステーキの鉄板を大きなカウンター席が取り囲み臨場感が高まります。

カウンター席にに着席。目の前では、ステーキが次から次へと調理される姿に圧倒されます。

1ポンドアメリカ産サーロインステーキをオーダー。ミニサラダをセットにします。

オリオンビールミニサラダが先に到着。

早速、1ポンドアメリカ産サーロインステーキの調理が始まります。

自分が食べる肉が調理されるところを見るのも楽しいです。

1ポンドアメリカ産サーロインステーキが到着。ガーリックが効いていてとてもおいしい。

食べているそばでは他のお客さんのオーダーしたものがよく見えます。

長っぽそいグラスのドリンクが面白そう。

ハーフヤードドリンクというのがそうらしいです。琉球マイタイをオーダー。

「マイタイ」とは、ポリネシア語のタヒチ方言で“最高”という意味とのこと。

色鮮やかなフルーツでデコレーションされ、長ーいストローでいただきます。

おいしいお肉とお酒をいっぱいいただき満足感がMAXです。

食べ終わり精算。地域クーポンも消化できました。

ホテルから貸し出してもらった携帯電話で送迎ワゴンを呼びます。

行きはポツポツ降っていた雨も帰りにはかなり降ってきました。

ごちそうさまでした。

所在地:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2247−1
電 話:0989-67-7022
営業時間:12時~15時 17時~23時
定休日:なし

STEAKHOUSE NAKAMA

まとめ

結局、1日目にホテルのレストラン「GUSUKU」で食事した以外の昼食と夕食は、ホテル以外のお店がメインとなり、リラックスして食事を楽しむことができました。

昼食は「沖縄そば」がメインとなり、様々な味を楽しむことができました。「沖縄そば」の奥の深さは底が知れません。これからも沖縄に訪問した際は食していきたいと思います。

夕食は「美ら花」ではお店の車で、「STEAK HOUSE NAKAMA」ではホテルの車で送迎していただきました。

お店にはレンタカーでも移動はできますが、お酒を飲む前提だととてもうれしいサービスです。

ザ・リッツ・カールトン沖縄

なお、施設等の情報は2020年11月及び12月現在ですので、今後変更がある可能性があります。現地を訪問の際は最新の情報を入手の上お出かけください。

最後までお読みいただきありがとうございました。