シンガポール旅行(2019年10月)③閉鎖されるマーライオンタワーとラグビーワールドカップ

こんにちは、おっさんトラベラーのマーカー(@IDmarker)です。

コロナ禍も自粛解除となりましたが、まだまだ海外旅行に行くことができません。
そのため、過去の海外旅行について皆様に情報提供をさせていただいております。

今回は2019年10月に実施したシンガポール旅行について書き込んでいきたいと思います。
複数回にわたりご案内します。

下記が大まかな旅程です。

日にち旅程 主な訪問地
1日目成田国際空港 1755発(JAL711便)  
2日目020着 チャンギ国際空港シンガポール滞在ホテル周辺散策
3日目 シンガポール滞在セントーサ島観光
4日目チャンギ国際空港 2150発(JAL36便)シンガポール滞在ホテル周辺散策
5日目550着 羽田国際空港  

宿泊ホテル:Wシンガポール セントーサコーヴ 3泊

今回は3、4及び5日目のできごとについて書き込んでいきます。

セントーサ島周遊

パラワンビーチとアジア大陸最南端地点

おなかが空いたので昼食に。

ビーチ駅のそばにあるファーストフード店の「Toast & Curry」に入店。

隣のものすごい混雑しているマクドナルドとは裏腹に、ガランとしていました。

「大丈夫かな」と思いつつ「ASIAN SET」なるものを注文。

レモンジュースが火照った身体の熱さを和らげてくれます。

食事後、歩いてパラワンビーチに向かいます。

シラソビーチより人が少なく感じました。正面に見える島はパラワン島。

パラワン島は、アジア大陸最南端地点とのこと。

既にシンガポール自体が島なので、大陸の最南端はマレーシアのジョホールバルのような気がしますが・・・

まあ細かいことは気にせず、アジア大陸最南端に向かいます。

すれ違いが難しく、しかも揺れるつり橋です。ちょっとしたスリルが面白い。

シンガポール海峡らしい風景です。タンカーや大型船がいっぱい。

この海峡は世界の石油供給量の3分の1、そして日本の輸入原油のなんと9割近くが通過するそうです。

無機質なタンカー群と、南国の樹木のコンストラストが印象的。

マーライオンタワー

パラワンビーチを後に、マーライオンタワーに向かいます。

このマーライオンはシンガポールにある7つのマーライオンの1つで、高さ37メートルと最も大きいとのこと。

しかしこのマーライオンは再開発のために、10月20日に閉鎖。2019年内に解体が決定しています。

訪問した当日は2019年10月13日。あと一週間で閉鎖の割には、人もそれほど多くなく落ち着いている印象。

シンガポールの人は、こんな立派な建造物を解体することに抵抗はないのかな。

2020年6月現在、解体されたという情報は検索しても見られませんでした。(探し方が悪いかもしれませんが)

もしかしたら、まだ残っているという可能性はあるでしょう。

大きいです。この大きさからお父さんマーライオンとも呼ばれて親しまれているほどだそうです。

マーライオンの中に入ると、マーライオン誕生に関する伝説のアニメを見せてくれます。

日本語字幕が出るので、私でも内容は理解できました。

アニメの上映を見た後は、ミニマーライオン博物館的なコーナーになっていて見学。

マーライオンはシンガポールに複数あります。

もっとも有名なマーライオンパークにあるものは8.6メートル。37メートルは抜群に大きいです。

解体してしまうのは残念な感じ。

エレベーターで、マーライオンの口のところまで上がってみることに。

口が展望デッキとなっています。シンガポールの街並みまで見渡せました。

不思議な風景です。

眺望を満喫してから、朝と同じB路線のバスでホテルに向かいます。

セントーサ島は他にも島の北側に位置する「リゾート・ワールド・セントーサエリア」に、様々なレジャー施設があります。

日本でもおなじみ映画のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」や海洋水族館「シー・アクアリウム」などやカジノなどもあり、遊ぶための選択肢は様々です。

皆様もセントーサ島に遊びに行かれる際は、これらの施設への訪問を検討されてみてはいかかでしょうか。

夜のセントーサコーヴ

ホテルで食事を済ませてから、夜の「キーサイドアイル」を歩いてみました。

暑いシンガポールでは涼しい夜のほうが人が多いようです。

スポーツバーをのぞいてみるとちょうどラグビーワールドカップを放映中。

しかも、あの日本対スコットランド戦。

スポーツバーは、熱狂的に大盛り上がりしていました。

最初は、バーの中は欧米人ばかりなので、みんなスコットランドを応援しているのかなと思っていました。

しかし、日本がトライを決める度に大きな歓声。絶叫している人もいました。

その姿を見ると「ここはアジアなんだ!」と実感しました。

日本が勝ち、大騒ぎのスポーツバーを後にします。

セントーサコーヴの夜は更けていきました。

ヨットハーバーから月が見えます。

チャンギ国際空港でゆったり滞在

シンガポール最終日は、タクシーで早めに空港に向かいました。

夜9時50分のフライトなのに、昼の1時頃着いてしまいました。

航空会社ラウンジ巡り

早く空港に到着した目的は、航空会社のラウンジ巡りをするため。

チャンギ国際空港には、JALのラウンジはないので通常は「dnata Lounge(ディナタ・ラウンジ)」を指定されます。

以前チャンギ国際空港を利用した時には、「dnata Lounge(ディナタ・ラウンジ)」を利用済。

そのため、今回は趣向を変えて別のラウンジを訪問することとしました。

JAL上級会員なら、ワンワールド系ラウンジも利用可能。

私はJALのステータスがJMBダイヤモンドです。

ワンワールドではエメラルドステータスとなりますので、他のラウンジも利用できます。

アーリーチェックイン

時間が早いので、通常のJALカウンターは開いておりません。

しかしチャンギ国際空港では、アーリーチェックインカウンターでのチェックインが可能です。

JALに搭乗の場合は、12時間前から受付をしています。

チャンギ国際空港には「EARLY CHECK-IN LOUNGE」と「SATS Premier Check-in Lounge」の二つのアーリーチェックインカウンターがあります。

ビジネスクラス、ファーストクラスを利用する場合や、各アライアンスの上級会員は「SATS Premier Check-in Lounge」を利用できるため、こちらでチェックインしました。

複数の航空会社を取り扱っているようです。ゆったりした空間で手続きを行いました。

カンタス航空のラウンジ

最初にカンタス航空のラウンジでまったりしました。

最初にラウンジに入った時は空いていました。

シンガポールメジャーのビール「タイガービール」を何杯もおかわりしました。

「無料」だと欲張ってしまいます。貧乏性です。

ブリティッシュエアウェイズのラウンジ

夕方になってくるとカンタス航空のラウンジが混んできたので、ブリティッシュエアウェイズのラウンジに移って休みました。このように複数のラウンジを使えるのはいいですね。

時間ギリギリまで滞在し、飛行機に搭乗となりました。

この旅行で心配だったのは、何らかの都合で飛行機に遅延が生じてしまった場合。

その理由は、空港から会社に直行するプランを立てていたからです。

朝6時に羽田に着くので、1,2時間くらいの遅延なら何とかなりますが、3時間以上遅延したら会社に間に合いません。

遅刻の連絡もできないので、そうなったら最悪。

しかし、特に問題なく飛行機が飛んでくれて予定時間の5時50分より若干早く、羽田空港に到着しました。

ほっとしました。

まとめ

今回の旅行はシンガポールの中でもセントーサ島だけに滞在してみましたが、とてもよかったです。

シンガポールの喧騒な感じは全くなく、リゾート気分でシンガポールを楽しむことができました。

ただ、帰国日は仕事のため極力疲労を残さないようビジネスクラスにアップグレードしておきましたが、

やはり仕事はきつかった。

年には勝てないのでしょうか。ふうー。

最後までお読みいただきありがとうございました。