宮崎旅行(2020年6月)④宮崎の南へ~えびの・霧島高原とショートトリップ~

こんにちは、おっさんトラベラーのマーカー(@IDmarker)です。

今回は2020年6月に実施した宮崎旅行について書き込んでいきたいと思います。
複数回にわたりご案内します。

今までの内容は下記のとおりです。

宮崎旅行(2020年6月)①【宿泊体験記】コロナ対策中のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
宮崎旅行(2020年6月)②宮崎で食す
宮崎旅行(2020年6月)③宮崎の北へ~高千穂町≪天岩戸・高千穂神社・高千穂峡≫めぐり~

第四回目は、宮崎県の主に南へ観光に行ったときの様子についてです。

レンタカーで巡りましたので、そのことについて書き込みさせていただきます。

入山規制のえびの高原

ちょっと寄り道したJR吉都線西小林駅

えびの高原に向かう途中で西小林駅という看板を見つけ、ちょっと寄ってみました。

JR九州吉都(えびの高原)線西小林駅です。

無人駅のたたずまいはいいですね。

吉都線は現在はローカル線ですが、1932年までは日豊本線を名乗っていた時代があり、1974年から1980年まで博多 - 宮崎間の特急「おおよど」、1959年から2000年まで熊本 - 宮崎間に急行「えびの」などの優等列車が走行していた幹線級の路線だった時代もありました

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0823-1024x768.jpg

9時台から16時台までは上下線ともに列車は1本のみ。

のんびりした雰囲気です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0824-768x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0827-1024x768.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0828-1024x768.jpg

白鳥展望所でえびの市遠望

えびの市で県道30号線に入ます。つづら折りの上りを登った途中にある展望台が白鳥展望所

えびの市が一望でき、白鳥山の北側中腹あたりにあります。

素晴らしい景色を堪能しました。

近くには白鳥温泉という上湯と下湯の2つの泉質が違う温泉施設を見かけました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0830-1024x768.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0829-1024x768.jpg

えびの高原駐車場に到着

えびの高原を巡る拠点となる標高1200mのえびの高原駐車場まで来ました。

韓国岳池めぐり自然探勝路をはじめとする霧島連山の登山拠点

しかし2020年6月現在、新燃岳の火山活動により入山規制がされており、硫黄山のそばを通る県道1号線は通行止めになっています。

ここの駐車場から煙を上げる硫黄山を眺めてみました。

入山規制により池巡りなどのトレッキングコースにも制約があるようなので、もし行かれる方は最新の情報を得られてください。

入山規制に加えコロナ禍の影響もあるからか、駐車場は閑散としていました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0832-1024x768.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0833-1024x768.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0834-1024x768.jpg

えびのエコミュージアムセンターで学ぶ

えびのエコミュージアムセンターは、霧島錦江湾国立公園の霧島のビジターセンター。霧島の自然についてパネルや映像などで紹介しているコーナーがありました。季節の見どころや自然情報、登山情報や新燃岳の火山活動についての案内も行っているようです。

入山規制の情報が詳しく掲示されていました。

「イママサの自転車山旅」企画展。

エコミュージアムセンターの職員の方が、自転車で日本中の都道府県の最高峰を登る旅をした様子の展示がありました。

県道1号線は通行止めなので、霧島方面に向かいます。

湯煙けむる霧島高原

本来は引き返さなきゃいけない。

湯煙たち

火山地帯のため途中には湯煙が上がる場所がいくつも。

エネルギッシュな地球の鼓動がむき出しになっているようです。

以前自転車で来たことがある地点。その時は桜島がきれいに見えていました。

雲が取れていれば・・・残念。

天皇が遊んだ御池(みいけ)

国道223号線で御池に向かいます。

御池
霧島山系中最大の火口湖で、周囲4km、水深103mとわが国の火口湖では最も深いといわれている。 周囲のうっそうとした原生林と高千穂峰を映す湖面には、ワカサギ、ニジマス、鯉などの魚類も多く、夏は舟遊びやキャンプの若者でにぎわう。 また、周囲の原生林は昭和47年に国設の野鳥の森に指定され、遊歩道がある。 そして、池岸には松の港、軀瀬港、皇子港、創崎港、苅茅港、柳港、護摩壇港の七港があったとされ、神武天皇が幼少の頃、皇子港の水辺で遊んだという伝説がある。

他に観光客がいなかったせいもあって、静かで神秘的な池という印象。

青々としている池の向こうには高千穂峰を望み、天皇が遊んだ池という厳かな雰囲気をも感じます。

ここもパワースポットなのかもしれません。

静かな白浜海水浴場

宮崎定番の観光スポット、青島の少し先にある白浜海水浴場に行ってみました。

青島堀切峠に囲まれた大きな入り江にある波が静かで穏やかな海水浴場。

浜辺に植えられたビロウ樹が宮崎らしい風景に見えます。

海の家があるのは市内でここだけらしいです。

オートキャンプ場もありファミリーには適した海水浴場。

ちょっとのんびりしました。

バスの本数は限られています。

青島が遠望できます。

反対側には青島サンクマールというホテルが見えます。

このホテルはすごいところに立っているんです。

下の写真を見てもらうとわかりますが、鬼の洗濯板に囲まれた岬に立っています。

素晴らしい景色を楽しめそうですね。いつか泊まってみたいです。

鬼の洗濯板に近づいてみました。素晴らしい景観です。

以前から気になっていた綾町(あやちょう)

子供の頃に、時刻表地図から消えた町という本を読んだことがあります。

その本は、雑誌「旅」で連載した日本各地の12の町や村に筆者が訪れた際の出来事をしるした紀行文集とのこと。その12の町の一つに綾町が出てきました。

その時にこの町を知ったのです。当時は単純に小さい町という印象しかなかったのですが、現在の綾町はブランドの町だそうです。

綾町
町は宮崎市から西へ22キロメートル、車で40分のところに位置する。
町の総面積の8割が森林で田畑はわずか8%に過ぎない人口6800人の小さな町だが、「有機農業の町」「照葉樹林都市」などをスローガンとする町おこしの成功例として知られている。
そのため自然の中での人間らしい生活を求める全国各地からの移住者が後を絶たない。

有機農業照葉樹林が町の目玉のようです。

有機農業の町
町を挙げて取り組んできた有機農業は町のブランド。
綾牛、綾豚、地鶏といった畜産品とともに、関東・関西地区の百貨店等で、希少な高級農産物として店頭に並ぶこともある。
照葉樹林都市
綾町の総面積の8割を占める森林の30%が照葉樹林を中心とした広葉樹の天然林で、『東の横綱が白神山地のブナ林なら、西の横綱は綾の照葉樹林』と言われており2012年に国内では32年ぶり5ヶ所目となるユネスコエコパークに登録された。

国内最大級の規模の照葉樹林の中にある照葉大吊橋に行ってみることにしました。

途中、町なかにとても目立つ床屋さんの看板をみつけました。

照葉大吊橋は10歩で撤退

人家がなくなり、車は山の中に入っていきます。

照葉大吊橋が見えてきました。

駐車場に車を停め、入園料350円を支払い施設内に入りました。

歩く吊橋世界一の石碑がありました。

世界一は確か以前に行った、やまなみハイウェイ近くの九重“夢”大吊橋がそうだったような気がしますが。。。

どうやら1984年の建設当時は世界一だったようですが、2006年にその座を譲ってしまったそうです。

当時の石碑をあえて残しているとのこと。

ちなみに以前の世界一:照葉大吊橋は高さ142メートルで、現在の世界一:九重“夢”大吊橋は173メートルとなっています。

橋は一度リフォームしたようです。

早速、渡ってみようと思います。

足元から、下が見えっ。

10歩ぐらい歩いた時点で。。。はい終了。

高所恐怖症の私には無理でした。

引き返します。

綾てるはの森展示館で照葉樹林を学ぶ

続いて、橋のそばにある綾てるはの森展示館に向かいます。

照葉樹林の植生やそこに住む動物、鳥や昆虫、そして照葉樹林が育んだ文化と人々の暮らしを一堂に展示しています。綾の森の木々たち、森の自然ゾーン、森のジオラマ、バードカービング(木を彫刻(ちょうこく)して野鳥の形などを作ること。) ゾーン、パノラマ写真、多目的室、森のくらしと文化 ゾーンなどがありました。

照葉樹林について深く学ぶことができた施設です。

最後に寄り道したみやざき臨海公園

最終日、宮崎空港に向かう時に寄り道してみました。

みやざき臨海公園は、シーガイアリゾートが誕生した際に「宮崎・日南海岸リゾート構想」の一環として整備された公園だそうです。

駐車場も広くなっており、親子連れで遊ぶ姿が見られ、のんびりできます。

宿泊したホテルのシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートが見えます。

宮崎旅行のエンディングを迎えました。

まとめ

今回は宮崎旅行で訪問した、えびの高原・霧島高原とショートトリップをまとめました。

振り返ってみると、宮崎は雄大かつ緑豊かな山の魅力もありますが、海に目を移すとサーフィンが人気の砂浜や荒々しい鬼の洗濯板もありさまざまな刺激を得ることができました。

特にえびの高原新燃岳の噴火が収まったらゆっくり行ってみたいところです。

なお、掲載した情報等は2020年6月現在ですので、今後変更がある可能性があります。各地を訪問の際は最新の情報を入手の上お出かけください。

最後までお読みいただきありがとうございました。