みんなの九州きっぷ(JR九州全線2日間乗り放題)を活用した九州周遊旅行⑤◆2日目前編◆福岡・熊本・鹿児島・佐賀・長崎県を巡る~特急乗車+「みんなの九州きっぷ」特典を利用した昼食~(2020年9月27日)

こんにちは、おっさんトラベラーのマーカー(@IDmarker)です。

コロナ禍の影響はいまだ続いています。

そんな折に、JR九州でJR九州全線2日間乗り放題のみんなの九州きっぷ」が発売され、これを活用して九州周遊旅行をしてきました。このことについて書き込んでいきたいと思います

複数回にわたりご案内します

なお、今回の旅行にあたっては感染防止のため、密を避けること、マスクの着用及び手洗いやアルコールでの除菌を徹底しております。

ちなみに、今までの内容は下記のとおりです。

みんなの九州きっぷ
販売期間:2020年9月18日〜12月23日

利用期間:2020年10月3日〜12月27日の土日祝日(※平日不可)

販売額:

①全九州・・・大人10,000円、こども2,000円

②北部九州・・・大人5,000円、こども1,000円

有効期限:土日祝日で連続する2日間

利用可能エリア:

①全九州版は、九州新幹線全線と、⼭陽本線(下関〜⾨司間)を含む、JR九州全線がご利用になれます

②北部九州版は、九州新幹線(博多〜熊本間)と⼭陽本線(下関〜⾨司間)を含む豊肥本線以北のJR九州全線、

⿅児島本線(熊本〜宇⼟間)・三⾓線全線(宇⼟〜三⾓間)がご利用になれます

事前販売限定:利用日の1ヶ月前から3日前23時まで販売

販売場所:JR九州インターネット列車予約やJR西日本e5489で販売

※こどものみの購入はできません

※博多〜⼩倉間の⼭陽新幹線と博多〜博多南間の博多南線は利用できません

※「ハロー!自由時間クラブ(男性60歳以上、女性50歳以上が対象)」会員向けの切符もあります

※その他、お申込み前に利用条件などをご確認の上、お求めください

今回の旅行では全九州版を購入して利用しました。

特急「つばめ」309号 ≪博多⇒熊本≫

朝の博多駅。日曜日なので人通りは少ないです。

博多駅の新幹線乗り場も空いています。

表示されている特急「さくら」に乗れば鹿児島中央駅に早く到着しますが、あえて次の特急「つばめ」に乗車します。

つばめ」は11番線から発車します。

九州内ではめずらしいJR西日本の駅名標です。九州内では博多南駅と小倉駅の新幹線ホームのみ。

あえて特急「つばめ」にしたのは800系に乗車するためです。

その800系はなんとピクサーとのコラボラッピング列車でした。

カラフルで楽しそう。

ラッピング列車が告知されていました。

乗車すると、こんなところにも。

車内の壁にもアクセントのラッピングが。

シートカバーにもキャラクターが。

これは子供たちが喜びそうな車両です。

博多 701
     特急「つばめ」309号
熊本 751

博多駅を出発しました。

瞬く間に郊外に向かっていきます。

あっという間に新鳥栖駅に停車します。

続いて久留米駅です。

久留米駅に停車。

間もなく筑後船小屋駅に停車。

なぜここに設置する必要があるのか不思議な駅。

まもなく新大牟田駅に停車。

新大牟田駅に停車。

彼方に雲仙が見えてきました。

新玉名駅に停車。

間もなく熊本駅に到着します。

つばめ」の終点、熊本駅に到着。

広々とした新幹線のコンコースです。

特急「さくら」の到着まで時間がありますので、いったん外に出てみます。

熊本駅も以前来た時より雰囲気が変わっています。

特急「さくら」403号 ≪熊本⇒鹿児島中央≫

熊本駅の新幹線口からさっき乗ったピクサーのラッピング列車が見えます。

反対側の白川口側は工事が続いています。

数年後にはまた雰囲気が変わっていくのでしょう。

さあ、また新幹線の改札に戻ります。

特急「さくら」403号が入線してきました。

さくら」に乗車すると。

見慣れた新幹線の座席です。

熊本    801
        特急「さくら」403号
鹿児島中央 858

雲仙の山が近くに見えています。

間もなく新八代駅。

新八代駅に停車。

次は新水俣駅に停まります。

新水俣駅に停車。

天草の島々が見えてきました。

次は出水駅に停まります。

出水駅に停車。

次は川内駅に停まります。

川内駅に停車。

新幹線で仙台(せんだい)から川内(せんだい)まで利用する人はいるでしょうか。乗り換えが2回必要ですね。

間もなく鹿児島中央駅に到着。

鹿児島中央駅に到着しました。約1日ぶりに戻ってきました。これで九州一周です。

特急「さくら」546号 ≪鹿児島中央⇒博多≫

着いた早々に折り返して博多駅まで戻ります。

鹿児島中央 902
         特急「さくら」546号
博多    1041

このまま乗り過ごしたら新大阪駅まで行ってしまうことも。起きていないとまずいですね(笑)

これ以上先に延びることはありません。

見慣れた新幹線のフォルム。

見慣れた車内です。

ぼんやりしていたらあっという間に博多駅に停車します。寝ていなくてよかった。

朝以来の博多駅に戻ってきました。

「みんなの九州きっぷ」の特典を利用して昼食

クーポン(お土産・食事500円券)入手

実はみんなの九州きっぷは、安いうえにいろいろな特典がついています。
その一つは、JRのアミュプラザで使えるクーポンです。これは博多、小倉、大分、鹿児島、長崎それぞれのアミュプラザのインフォメーションできっぷを提示するともらえるものです。
もう一つは、アミュプラザやその他の駅の提携店舗や観光施設で受けられる割引や特典プレゼント。

今回は、博多駅のアミュプラザでクーポン(お土産・お食事500円券)を入手して昼食に当たることにしました。

博多駅のアミュプラザでクーポンゲット。

クーポンを昼食で利用できる店を探していたら、次の列車に乗る前に開店しているお店はラーメン屋さんと判明。早速ラーメン屋さんが多い「博多めん街道」に向かいました。

元祖博多だるま 博多デイトス店

気になった「元祖博多だるま」に。

明太子丼と餃子がセットになった「博多セット」1000円を注文。

500円の券を利用したので、半額となりました。

とんこつラーメンと明太子。今博多にいる感が増してきました。

餃子も到着してたらふく食べてお腹がいっぱい。

ごちそうさまでした。

所在地:〒812-0012 福岡県福岡市博多区1丁目1DEITOS
電 話:092-475-8233
営業時間:10時~23時30分
定休日:なし

https://ra-hide.com/

博多 だるま とんこつラーメン ストレート極細麺 3人前 だるまラーメン ダルマラーメン 旅行 帰省土産 おみやげ お中元

時間的にまだ営業していない店が多いです。

出発まで時間があるので昨日夜訪問した博多口をぶらぶら。

特急「かもめ」19号 ≪博多⇒長崎≫

特急「かもめ」19号が発車するホームに向かいます。

特急「かもめ」19号はホームに入線しておらず、先に発車する特急「みどり」9号と併結している特急「ハウステンボス」9号がちょうど出発前でした。

ほどなく「みどり」+「ハウステンボス」は出発していきました。

博多 1155
      特急「かもめ」19号
長崎 1351

特急「かもめ」19号がホームに入線。

今回乗車する車両は、885系でいわゆる白い「かもめ」です。

885系は以前白い「ソニック」で乗車したことはありますが、「かもめ」では初めて乗車します。

前日乗車した「ソニック」同様、デッキは独特な雰囲気です。

大きな窓のフリースペース。混雑時の立席があってもここなら快適。

885系は、白い「ソニック」としても使われるため、「ソニック」のロゴも点在します。

座席はリニューアル前では革張りでしたが、自由席車両はモケットに変更されていました。

鳥栖駅に停車。

Jリーグサガン鳥栖の本拠地「駅前不動産スタジアム(鳥栖スタジアム)」です。

肥前鹿島駅を過ぎると有明海が見えてきました。

遠浅の海沿いに走行します。

このあたりは景色がいいですね。

景色がいいこの路線も長崎新幹線が開通すると、残念ながら特急は走らなくなるでしょう。

午前中にも新幹線から見えた雲仙がここからもはっきりと見えます。

浦上駅に停車。高架駅になったためか歩道橋が途中で切られていました。

高架のまま長崎駅に進入します。

長崎駅に到着しました。これで2日間にわたって利用した「みんなの九州きっぷ」は使い納めです。

長崎駅は明るい高架駅に建て替えられています。

以前来た時と印象が全然違う駅になっていました。

まとめ

今回は、新幹線の特急「つばめ」「さくら」と特急「かもめ」に乗車しました。「さくら」は東海道新幹線でも走行しているN700系となっているため、新鮮味がありませんでしたが、「つばめ」と「かもめ」に乗車すると個性的な九州の列車に乗っているという実感が湧いてきました。

また、「みんなの九州きっぷ」の特典で500円の割引を利用できたのはうれしかったです。他にも特典がいっぱいあるので特典目当てで各地の施設などを利用できれば更にお得感が増しそうです。

※10月から特典の内容が変更されている可能性があります。利用される際はJR九州のホームページ等でご確認ください。

なお、施設等の情報は2020年9月現在ですので、今後変更がある可能性があります。現地を訪問の際は最新の情報を入手の上お出かけください。

最後までお読みいただきありがとうございました。