みんなの九州きっぷ(JR九州全線2日間乗り放題)を活用した九州周遊旅行①◆0日目前編◆イントロダクション~鹿屋桜島ドライブ~(2020年9月25日)

こんにちは、おっさんトラベラーのマーカー(@IDmarker)です。

コロナ禍の影響はいまだ続いています。

そんな折に、JR九州でJR九州全線2日間乗り放題のみんなの九州きっぷ」が発売され、これを活用して九州周遊旅行をしてきました。このことについて書き込んでいきたいと思います

複数回にわたりご案内します

なお、今回の旅行にあたっては感染防止のため、密を避けること、マスクの着用及び手洗いやアルコールでの除菌を徹底しております。

みんなの九州きっぷとは?

JR九州が発売するフリーきっぷで、九州新幹線や特急列車を含む、JR九州全線の普通車自由席が利用可能で、指定席も6回まで利用できるきっぷです。全九州版がおとな1万円(こども2,000円)、北部九州版がおとな5千円(こども1,000円)で購入できます。

利用できるのは、2020年9月18日〜12月27日の土日祝日で連続する2日間乗り降り自由です。平日は利用することができません

みんなの九州きっぷ
販売期間:2020年9月18日〜12月23日

利用期間:2020年10月3日〜12月27日の土日祝日(※平日不可)

販売額:

①全九州・・・大人10,000円、こども2,000円

②北部九州・・・大人5,000円、こども1,000円

有効期限:土日祝日で連続する2日間

利用可能エリア:

①全九州版は、九州新幹線全線と、⼭陽本線(下関〜⾨司間)を含む、JR九州全線がご利用になれます

②北部九州版は、九州新幹線(博多〜熊本間)と⼭陽本線(下関〜⾨司間)を含む豊肥本線以北のJR九州全線、

⿅児島本線(熊本〜宇⼟間)・三⾓線全線(宇⼟〜三⾓間)がご利用になれます

事前販売限定:利用日の1ヶ月前から3日前23時まで販売

販売場所:JR九州インターネット列車予約やJR西日本e5489で販売

※こどものみの購入はできません

※博多〜⼩倉間の⼭陽新幹線と博多〜博多南間の博多南線は利用できません

※「ハロー!自由時間クラブ(男性60歳以上、女性50歳以上が対象)」会員向けの切符もあります

※その他、お申込み前に利用条件などをご確認の上、お求めください

今回の旅行では全九州版を購入して利用しました。

九州周遊旅行の起点「鹿児島」へ向かいます

京急で羽田空港へ

早朝の京急品川駅は空いています。

5時15分発の快特羽田空港行きに乗車します。

快特が到着。

羽田空港から鹿児島空港へのフライト

まだ赤い表示の欠航便が見られます。

まずはラウンジで休憩。

おにぎりに朝からビール。撮影前にちょっと飲んじゃった。

ぼんやりと飛行機を眺めていると時間が迫ってきました。

7番ゲートから搭乗します。

羽田  625
      JL641
鹿児島 820

九州周遊旅行の起点がなぜ鹿児島なのかといいますと、航空運賃が安かったからです。

なんと5000円台。

コロナ禍の影響か機内は空いています。

羽田では曇っていた空が晴れてきました!

鹿児島空港に無事着陸。

鹿児島空港は3度目。1度目は自転車を持っていって霧島高原や指宿・桜島を走りました。

鹿児島空港は山の上なので、帰りの上り坂がきつかったのを思い出しました。

バスで鹿児島市内へ

まずは市内へ。バスの切符を自動券売機で購入します。

8番乗り場でバスを待ちます。

バスが到着。

九州自動車道で市内へ向かいます。

鹿児島中央駅前のバスターミナルに到着。

観覧車が特徴的な鹿児島中央駅前。

まずは駅に向かいます。当日購入ができないみんなの九州きっぷを前もって購入するためです。

ネットで予約しておき自動券売機で発券しました。

※指定券を購入したので★印が付いてます。6回まで指定券購入可。

若き薩摩の群像が改修中です。

幕末に国禁を犯して海外留学を果たし、明治維新後の日本をつくる原動力となった薩摩藩英国留学生をモチーフにした銅像とのこと。

鹿屋・桜島ドライブ

桜島サービスエリアで昼食

明日からが周遊旅行の本番ですが、この日はカーシェアを利用して車をレンタル。

以前から気になっていた、大隅半島の鹿屋市方面に向かいます。

九州自動車道に乗り、桜島サービスエリアで休息。ここでお昼にします。

ここのサービスエリアのレストランでは、桜島を見ながら食事をすることができます。

とんこつラーメンとカレーのセット。なんかサービスエリアらしい感じ。

カレーが意外とうまかった。

ごちそうさまでした。

東九州自動車道に入り対面通行になりました。

工事でいったん停車。

この先は一車線を相互通行しました。一般道路みたいです。

鹿屋串良インターで降り、一般道を走って鹿屋市に到着。

鹿屋市鉄道記念館

鹿屋市中心部の鹿屋市役所の隣にある鹿屋市鉄道記念館に行ってみました。

市役所の周辺では爆弾を仕掛けたとの通報があったとのことで、ざわざわしていました。

この市役所の位置にかつて国鉄大隅線鹿屋駅がありましたが、1987年3月に廃止されました。

大隅線
大隅線(おおすみせん)は、かつて鹿児島県曽於郡志布志町(現・志布志市)の志布志駅から
同県国分市(現・霧島市)の国分駅までを結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線。

1915年に南隅軽便鉄道(なんぐうけいべんてつどう)として高須 - 鹿屋間を開業。
同鉄道は、翌年に社名を大隅鉄道(おおすみてつどう)に改め、開業区間を拡大し1923年までに古江 - 串良間を開業。
その後、1935年に大隅鉄道は買収・国有化されて国鉄古江線(ふるえせん)となりました。

路線は延長され1972年に日豊本線国分まで開業し全通するも、
国鉄再建法の施行により1984年6月に第2次特定地方交通線に指定され、
1987年3月14日に全線廃止となりました。

鹿屋市鉄道記念館は1988年9月に開館。その後2016年に改装されたそう。

鹿屋駅は大隅線でも大きな駅だったようで、掲示物にその様子が分かります。

建物の裏には当時走っていたディーゼルカーが保存されていますが、かなり傷んでます。

大隅線に存在した駅の駅名標が複数設置されていますが、当時のものではないような感じ。

所在地:鹿児島県鹿屋市共栄町20−2
電 話:0994-40-0078
営業時間:9時~16時
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

https://kanoyashi-kankokyokai.jp/publics/index/240/

鹿屋航空基地史料館

自衛隊の資料館があるとのことで行ってみました

ところが、コロナ禍の余波で予約制になっているとのこと。残念ながら入館を断念。

敷地にはヘリコプターや航空機などが展示されていて、眺めていました。

売店などが駐車場のそばにあります。

予約をして見学がてらゆっくりできそうな施設です。

所在地:鹿児島県鹿屋市西原3丁目11 11番2号
電 話:0994-42-0233
営業時間:9時~17時
定休日:なし

https://www.mod.go.jp/msdf/kanoya/toukatu/HPzairyou/1-8siryoukann/1-8siryoukann.html

垂水鉄道記念公園

垂水方面に向かいます。

ミネラルウォーター・健康食品で有名な「財宝」の財寶温泉工場にはここから入っていく様子。自動販売機も財宝。

垂水港から桜島を望みます。

大隅線の垂水駅跡に垂水鉄道記念公園がありました。

あまり大隅線に関するものはありません。普通の公園です。

所在地:鹿児島県垂水市田神48−8
電 話:0994-32-1111(垂水市役所)
営業時間:24時間
定休日:なし

http://www.city.tarumizu.lg.jp/doboku/shisetsu/koen/012.html

桜島に近づいてきました。

有村溶岩展望所

桜島を眺められる有村溶岩展望所に行ってみました。

駐車場から展望台へ坂を上っていきます。

桜島がきれいに見えます。

錦江湾もきれいでした。

真ん中から左にある円錐形の山は、指宿の先にある開聞岳です。

噴火した時のために避難壕が設けられています。

おや・・・

君は・・・?

桜島はいつみても噴煙を上げ続けています。

この展望所では雄大な溶岩が作り出す風景に圧倒されました。

所在地:鹿児島県鹿児島市有村町952
電 話:099-298-5111
営業時間:24時間
定休日:なし

http://www.sakurajima.gr.jp/tourism/000351.html

桜島フェリーで鹿児島市内へ

桜島港から桜島フェリーで鹿児島市内に戻ることに。

高速道路の料金所みたいなところで料金を支払うと、車に乗りながら順番に乗船を待ちます。

車が数珠つなぎに停車しています。

桜島港から出航しました。桜島フェリーは日中20分おきに運航しています。

桜島を背にして・・・

桜島港に向かうフェリーのようです。

鹿児島港が近づいてきました。出航してから約15分で到着します。

フェリーに接続したスロープを降りると、すぐに市街地です。

まとめ

列車で九州周遊旅行をする前日は、鹿児島でドライブ。

天気が良くていいドライブになりました。桜島があちらこちらから眺められてそれぞれの表情が違うのが面白かったです。

灰は風向きによっては車に降りかかることもあるため、降灰に備えて車には火山灰用モップが搭載されていたり、車内にある「給油・洗車カード」で洗車をして欲しい旨の案内などがあるのは、鹿児島ならではと思いました

なお、施設等の情報は2020年9月現在ですので、今後変更がある可能性があります。現地を訪問の際は最新の情報を入手の上お出かけください

最後までお読みいただきありがとうございました。